【プチプラ美白化粧品ランキング】シミ対策は今すぐ!

紫外線の強い季節になってきましたね。

 

美白ケアは1年中した方がいいのですが、この時期は特に必要です。
シミでお肌がくすんでいると老け込んだ印象になります。 透明感のある美しい白い肌を目指して、美白ケアをしていきましょう。

 

とはいえ…。 どの美白化粧品がいいの?と迷っているところですね。
自分の肌に合うのかどうかも分からないから、いきなり高額の美白化粧品に手を出すのも躊躇します。
そこで、このサイトではプチプラなトライアルセットありの美白化粧品をランキングしています。

 

トライアルセットは使ってみないと損ですよ。 たいてい1週間〜2週間分ほどお試しができます。 その間にあなたの肌に合うか、使用感や香りはどうか、保湿具合などを確認できます。
その上で、自分に合っていると思った美白化粧品を購入すれば間違いなしです。

 

紫外線は年中降り注いでいます。 季節関係ありません。 なので、美白ケアも年中する事をおすすめします。
シミのない、くすんでもいない、明るく透明感のある美しい白い肌になりましょ! (* ̄。 ̄*)ウットリ

 

サエル



ポーラ・オルビスグループの「サエル」は敏感肌用美白化粧品です。 敏感肌の人って刺激の強い化粧品はヒリヒリしたり肌荒れしたりするんですよね。
多くの美容雑誌にも掲載され、ベストコスメ対象も受賞しています。
アルコール不使用、香料不使用、紫外線吸収剤不使用、ヒフ科医立ち合いテスト承認済みだから安心して美白を実感したい人におすすめです。

 

おすすめポイント

- 敏感肌はバリア機能が弱いため、外からの刺激を受けやすく肌荒れをおこし、お肌から水分が蒸発してしまいお肌がくすんでしまいます。 アレルゲンをブロック、セラミドを補給・生成することで肌の透明感をアップ。
- 敏感肌特有のシミサイクルを3つの天然成分でアプローチしてストップ。 美肌の土台作りをします。
- メラニンを黒化させるチロシナーゼの生成を抑制してメラニンの生成を抑えます。ビタミンC誘導体を中心としたオリジナルの美白処方がお肌に白さと透明感を取り戻します。

 

さらにくすみにも対応し、シミを目立たせていた原因を一掃します。

 

セット内容 (10日分)
サエルホワイトニングローション クリアリスト (14ml) [薬用美白化粧水]
サエルホワイトニングエッセンス クリアリスト (8ml) [薬用美白美容液]
サエルホワイトニングクリーム クリアリスト (9g) [薬用美白クリーム]

 

サエルトライアルセットの詳細はこちら

価格 成分 評価

1,480円
送料無料
30日以内全額返金保証

ビタミンC誘導体、アルブチン、高フィットヒアルロン酸、デイリリー花発酵液、コウキエキス、セイヨウノコギリソウエキス、など

美白化粧品,人気

アンプルール



皮膚の専門家が開発したアンプルール。
アンプルールには美白効果が高いと言われるハイドロキノンを配合。 そのハイドロキノンを安定化させた「新安定型ハイドロキノン」の効果は一般の美白成分の約100倍という効果を発揮します。
お肌に対する刺激が少なく、安定した効果が期待できます。 刺激性とアレルギー反応についての調査(パッチテスト)済み。

 

新安定型ハイドロキノンが効くシミ

- 紫外線によるシミ・ソバカス
- ホルモンバランスの乱れによるシミ
- ニキビ跡、傷やヤケド等によるシミ 

 

隠れシミにもアプローチしてくれるので5年後、10年後に差がつきます。

 

セット内容
ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110 (3g) [スポット美容液]
ラグジュアリーホワイト ローションAO II (20mL) [化粧水]
ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ (8g) [美白美容液]
ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX (10g) [美容乳液ゲル]

 

アンプルールトライアルセット詳細はこちら

価格 成分 評価

1,890円
送料無料

新安定型ハイドロキノン、アルブチン、ヒアルロン酸、浸透型コラーゲン、プラセンタエキス、など

美白化粧品,人気

ビーグレン(b.glen)
美白ケア(trial)

ビーグレンのQuSomeホワイトセットは使用した94%の人が効果を実感している美白化粧品。
ビーグレン独自で開発したQuSome浸透テクノロジーがハイドロキノンを肌の奥まで浸透してくれます。
なじみがよく、効果も早く、肌への負担も抑えられています。

 

シミを薄くする4つのステップ

うるおす
ビタミンCを配合したQuSomeホワイトローションでダメージを受けたお肌をうるおし、明るい肌へ導きます。
ブロックする
アルブミン配合のQuSomeホワイトエッセンスが肌トラブルをブロックし、紫外線に負けない肌に整えます。 隠れたシミに効果的。
明るくする
ハイドロキノンを配合したQuSomeホワイトクリームがすでにできてしまったシミを薄くし、肌に透明感をもたらします。
守る
ビーグレン独自のエイジリカバリーコンプレックス成分を配合したQuSomeモイスチャーリッチクリームが肌を支える力をサポートし、ハリと弾力を与え、トラブルから肌を守ります。

 

1週間たっぷり試してお肌に効果を実感したら、さらに1か月使ってみてください。 周りの人があなたのお肌の変化に気づくかもしれません。

 

セット内容 (7日分)
QuSomeホワイトローション(30mL) [化粧水]
QuSomeホワイトエッセンス(7mL) [美容液]
QuSomeホワイトクリーム1.9(7g) [クリーム]
QuSomeモイスチャーリッチクリーム(10g) [クリーム]

 

ビーグレンのトライアルセット詳細はこちら

価格 成分 評価

1,944円
送料無料
365日返金・返品保証

QuSome化ハイドロキノン、QuSome化ビタミンC、QuSome化アルブチン、など 美白化粧品,人気

コーセー「米肌」トライアルセット


「米肌」って結構雑誌で特集されているの見ませんか?
私は気になって、トライアルセット使ってみました。 個のトライアルセットはたっぷり2週間使えるんです。 しかも、非売品のパックマスク付き。
シミ、しわ、ほうれい線って全てお肌の乾燥が原因。 日本人にはなじみ深い100%国産の白米を蒸して、抽出して、90日間、発酵・熟成を繰り返してできたライスパワーエキスが乾燥したお肌を潤してくれます。
石鹸がすごく泡立ちがよくて、きめが細かいです。 石鹸で洗った後に化粧水。 付けた瞬間ちょっとだけ匂いがありますが、気になりません。 だって、お肌しっとりして気持ちいいんです!クリームで潤いを閉じ込めるって感じですね。14日間たっぷり使ってみて、お肌がツルン!って気持ちよいお肌になったので、私はこれまで使っていた化粧品から乗り換えました。
セット内容 (14日分)
肌潤石鹸 (15g)
肌潤化粧水 (30ml)
肌潤クリーム (10g)
肌潤化粧水マスク (非売品)
肌潤改善エッセンス (6回分)
肌潤ジェルクリーム (6回分)

 

「米肌」トライアルセットの詳細はこちら

価格 成分 評価

1500円
送料無料

ライスパワーNo.11、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキス、グリコシルトレハロース、乳酸Na、グリセリン 美白化粧品,人気

 

美白コスメの選び方

美白対策を考える時に、コスメの使用を欠かすことは出来ません。そこでここでは美白コスメの選び方のポイントについてお話していき、最後にお勧めのコスメも幾つか御紹介しておきたいと思います。

 

肌がしっかり潤うものを選ぶ

まず1つ目のポイントは、肌がしっかり潤うものを選ぶということです。美白とは主に日焼けによるシミやソバカスを防ぐことですが、そのためには肌の乾燥を防ぎ、肌がいつも潤っていることが大切であり、保湿こそスキンケアの基本であると言えます。肌に潤いがあれば肌はキメが整って滑らかになりますから、保湿成分を豊富に含んだ美白コスメを選べば理想的です。具体的にはコラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸・リピジュア・アミノ酸等の代表的な成分の他、そのメーカー独自の植物由来の保湿成分が、含まれているものを選ぶようにしましょう。

 

自分に合う使用感のあるコスメを選ぶ

2つ目のポイントは、自分に合う使用感のあるコスメを選ぶということです。他のコスメにも言えることですが、美白コスメも配合している成分の構成によって、使用感も違ってきますので、自分の好みの使用感を持つ美白コスメを選ぶことが大切です。正式に購入する前に、事前のパッチテストやお試し購入が出来る製品であれば、確実に使用感を確かめることが出来ます。また特に敏感肌や乾燥肌でなくとも、出来れば化学的な添加物の含まれていない、無添加の自然由来のみの成分で構成されたコスメを選ぶと良いと思います。もし何かの香りがついている場合でも、人工的に作られた香り成分ではなく、好きな植物のエキスを香料にしているコスメを選ぶのがベストです。

 

メーカー独自のこだわり

3つ目のポイントは、メーカー独自のこだわりがあるかどうかということです。メーカーによっては、強いこだわりを持って作られたものもあり、独自の成分や製造技術によって作ったコスメである場合もあるからです。そういったことは、メーカーの公式HP或いは商品のパッケージにかかれていますので、それを読んで共鳴出来るコスメを選ぶと良いと思います。

美白対策はいつから?

女性にとっては、お肌のシミやソバカスが増えるのだけは何としても避けたいところで、紫外線からのダメージを少なくするためにも美白対策は不可欠だと思いますが、ではその美白対策は、いつから行えば良いのでしょうか。ここでは美白対策をいつから行えばいいのかについて、お話していきたいと思います。

とは言うものの紫外線ケアを忘れがちなのは、実は20歳までの期間だと言われています。ですので忘れたまま年をとっていきますと、過去の紫外線ダメージの蓄積が肌に現れてきてしまうため、早い人ですと20歳半ばで肌トラブルが表れてしまいます。紫外線が肌に届きますと肌は自身を守るためにメラニン色素を生成し、これがシミの主な原因となります。メラニン色素とは通常肌の生まれ変わりのタイミングで、肌から剥がされていくものなのですが、コンディションが悪くなりますとリズムが狂ってしまい、遅すぎたり早すぎたりしてくるため、メラニン色素が細胞にずっと居続けることになり、毎日紫外線を浴び続けていますと、ますますメラニン色素を含む細胞が増えていき、顔にシミが増えていくことになってしまいます。

 

また今現在シミがなくても、既に過去に紫外線から受けた細胞がいるかもしれませんので、何かおかしいと思ったら、いつでもすぐに美白対策を始めなくてはなりません。女性として身体が成熟する、10代半ばから始めても早すぎることはないと思います。早ければ早いだけ、シミにならない内にメラニン色素を含んだ細胞のまま、肌の外に排出しやすくなるからです。紫外線からのダメージを最小限にするためには、少しの屋外や近所への外出でも、日焼け止めを塗る、サングラスをかける、あまり暑くなければストールを巻く、帽子を被ったり日傘をさしていく等の紫外線対策をとり、それ以上紫外線を浴びないようにするための対策をとることが必要です。

また今は朝のスキンケアの際にも使える、日焼け止めの効果も持つ保湿液等もありますので、季節や天候や気温や湿度等に関係なく、1年を通して紫外線対策を続けていれば、年をとってからの肌に良い影響を与えることが出来ます。とは言え春から夏にかけては紫外線が強くなるため、それほど強くない12月〜2月の間に集中的にケアを行い、紫外線が1年の間で最も少ないこの時期に、紫外線ダメージに傷付いた細胞を外に排出し、肌のターンオーバーのサイクルを整えていくことが大切です。

日焼け防止グッズだけでいい?

  • 日傘、帽子、サンバイザー
  • アームカバー
  • サングラス
  • カーディガン、パーカー、ワンピース
  • ネックカバー、ストール

といった日焼け防止グッズでお肌を守ろうとするのはとっても大切。通勤中でもママチャリでお買い物でもしっかり防止!お洗濯でベランダに出る。 お庭の手入れで外に出る時もしっかりと防止。
でも、日焼け防止グッズだけで安心してはダメですよ。

 

日焼け防止グッズだけでなく日焼け止めも正しく使うことが大切です

お肌を気を付けているあなただから、グッズだけでなく日焼け止めもちゃんと正しく使っています…よね?日焼け止めは年中する必要がありますが、これからの季節、特に必要です。使用するにあたり、何でも良いわけではありません。 自分の肌があうかどうかを知ることが大切です。肌がデリケートで乾燥肌の方は、低刺激の物をおすすめします。日焼け止めに含まれているUVカット成分ですが、紫外線散乱剤、紫外線吸収剤というお肌を守ってくれるものなのですが、人によっては合わない方もいます。刺激が強く感じて、お肌にトラブルを起こすこともあるようです。

 

日焼け止めクリームを塗っている時にヒリヒリする場合は、体にあっていないようなので使用を控えた方が良さそうです。敏感肌用の化粧下地やUVカットのメイクをするのも効果的ですね。

 

日焼け止めの効果は長続きしません。汗を拭いたり、擦ったりしている間に、少しずつ流れ落ちてしまいます。2〜3時間毎に塗るようにすると効果が持続します。日焼け止めクリームの種類は様々ですが、自分にあったものを選んで頂きたいです。普段用、レジャー用というように、シーンによってわけた使い方をするのも良いと思います。

 

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めは適当に塗っているだけでは、効果が半減してしまう可能性もあるので、効果的な塗り方をしてしっかりと日焼け対策をしましょう。

  1. 洗顔をしたら化粧水や美容液でお肌をしっかりと整えてください。
  2. 日焼け止めは必要以上に伸ばさない。 塗り過ぎない。
  3. 白くなってしまう、べたべする、もったいないといった理由で少量で必要以上に伸ばしてしまう方も多いのではないでしょうか?「適量を塗る」と日焼け止めには書いてありますが、どのくらいなんだろう?とも思いますよね。 「1cm2 あたり2mg」が適量といわれますが、こう言われてもさっぱりですね。細かい計算は省いていうと、適量は500円玉くらいです。 実際出してみると、「えっ!?こんなに!?」と思います。 が、この量は「国際SPF試験法」が規定した量なのだそうです。

  4. ムラなく細かい部分も丁寧に塗る。
  5. 意外とここが落とし穴です。 パパパッと塗って終わり!ってしてませんか?首すじ、耳の後ろ、あごまでしっかりと塗っていますか?

  6. 重ね塗りする。
  7. 日焼けしやすい、鼻や頬の部分を重ね塗りします。

しっかりと日焼け止めを塗ったら、その後はファンデーションはいつものメイクでOK!

 

日焼け止めは汗などで落ちてしまうと効果がなくなってしまいます。 なので2時間おきくらいに塗りなおすのがベターです。

 

外出が少なく、屋内にいるとしても日焼け止めは必須です。紫外線は部屋の中にいても、降り注いでいます。 実はその紫外線がシミや老化の原因になってしまいます。 家の中にいるとしても、洗濯でベランダに出たり、ごみ出しに行ったり、ちょっと買い物に行ったりもしますよね。 窓際にいるだけでも紫外線はたっぷりと降り注いでいるんです。家にいるだけだからいいやと思わず、しっかり紫外線対策をしましょう。

美白効果のある食べ物

肌を美白にするためには化粧品が重要と思っている人は多いと思いますが、食べ物でも美白で美しい肌は作ることが出来ます。
食べ物でも美白効果のある成分を摂取することでより効率よく肌を美白にすることができます。
そこで今回は美白効果の高い食べ物をご紹介します。

ビタミンCの効果

ビタミンCは身体にも良いのですが、美白効果が高い成分でもあります。メラニン色素が沈着することでシミやくすみに繋がります。ですが、ビタミンCを摂取することでメラニンの生成や沈着を抑制して透明感のある肌を作り出す効果があります。さらにコラーゲンを生成する上でもビタミンCは必要な成分なので摂取することでコラーゲンの生成が促進して肌にハリも生まれます。

 

レモンよりもパプリカ

ビタミンCと聞くとレモンを思い浮かべる人は多いと思います。確かにレモンにはビタミンCは多く含まれていますが、独特の酸味があるため食べるのはちょっと大変かもしれません。そこでおすすめなのがパプリカです。
実はパプリカはレモン以上にビタミンCが含まれているので多くビタミンCを摂取しやすい食べ物です。他にもパプリカよりかはビタミンCは少ないですが、ブロッコリーやアセロラにもビタミンCが含まれています。

 

加熱調理は控える

ビタミンCの特徴として加熱調理に弱いという点があります。なので出来るだけ生で食べていただくのが理想的です。パプリカの場合は生でも甘みがあるので食べやすいと思いますが、ブロッコリーの場合は生では食べれないので困ると思います。多くの人はお湯で茹でて調理を行うと思いますが、それではお湯にビタミンCが流れてしまいますので意味がありません。そこでブロッコリーなどの茹でなければ食べれない野菜は蒸して調理するのがおすすめです。お湯で茹でると溶けだしてしまうビタミンCですが、蒸すことでビタミンCは逃げにくいので良いでしょう。またスープに入れて食べる場合にはスープを全て飲むことできちんとビタミンCを摂取できるので問題ありません。

 

毎日小まめに摂取することが大切

ビタミンCを補えばすぐに美白になるというわけではなく、毎日小まめに摂取し続けることで徐々に効果が表れます。美白効果が出始める期間は人によって異なるので、すぐに肌に変化があると思わない方が良いと思います。
なので長期間行うつもりでビタミンCを補うことがとても大切です。自分のペースでゆっくりとが美白で美しい肌を作るためのコツになります。

 

まとめ

ビタミンCは肌にとても良い成分ですし多く摂取しても問題はありませんが、その他の栄養素もバランスよく摂取することも肌には重要になります。ミネラルや食物繊維、タンパク質などもバランスよく食べることで健康的な肌を保つことに繋がります。理想は健康的でバランスのいい食事を摂るのが、正しいのですが、生活環境的に難しいと思う方はまずはビタミンCを摂取することを心がけることから始めると良いと思います。

リンク集