40代のための美白*・美肌ケア

美白*や美肌のケアと言っても若い世代と40代になってからでは、その意味合いが違いますし、気をつけるべきポイントも違います。そこでここでは、40代のための美白*や美肌のケアで、気をつけなければならないポイントについて、お話していきたいと思います。

 

 

40代というのは、既に肌の老化が始まっている世代であって、シミやくすみ等の肌トラブルに悩む人が増えてくる世代でもあります。

 

肌の様々な機能が低下して、蓄積された肌のダメージが、シミやシワ等の老化現象として表れてくるのです。シミの原因としてまず考えられるのは、女性ホルモンの乱れです。

 

女性には女性ホルモンと関係して、40歳前後からできはじめる肝班(かんぱん)というシミや、紫外線やよくあたる顔や腕にできる老人性色素斑、日光によくあたる部位にできやすく老人性イボとも呼ばれる、皮ふの良性腫瘍にあたる脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)等ができることもあります。脂漏性角化症では1cmから2cm皮ふが盛り上がって、肌色・淡褐色・黒色等のイボになります。

 

40代の女性には女性ホルモンの変化による体の負担を軽減して、主にシミを予防し解消するための、内側からのケアが大切になります。

 

肌をキレイにするビタミンB群・ビタミンA・ビタミンE・ビタミンC・良性のタンパク質・食物繊維等の栄養素を中心に、炭水化物を控えめにした、野菜・魚介類・肉類・大豆製品・発酵食品・海藻類等を満遍なく摂り、栄養バランスのとれた食事をすることが大切です。また女性ホルモンの大敵は冷えですので、極力体を温める飲食物を摂り、入浴の際には半身浴等で湯船にゆっくりつかる等、お腹や足を中心に、体を冷やさない工夫をしましょう。

 

また良い睡眠をとることも、美白*や美肌には欠かせません。

 

女性ホルモンはストレスや疲労の影響により、更年期前の状態をもっと悪化させる原因にもなりかねませんので、ストレスの軽減や疲労の回復、また女性ホルモンの安定のためにも良質な睡眠をとるようにしましょう。遅くても夜中の2時までには床に入り、最低5〜6時間は睡眠時間をとるようにしてください。

 

また日中は可能であれば、折に触れて仮眠をとると良いでしょう。またコラーゲン等の美肌になれる成分を配合したサプリを摂り、食品だけでは摂りきれない栄養を補給してください。また肌の保湿力や保水力を維持するため、セラミドやヒアルロン酸等を配合した保湿力の高いスキンケア商品を使用して、スキンケアを行うようにしましょう。外出する際は季節を問わず常にUVケアをして、日焼け或いは日焼けをしすぎないようにしましょう。肌の正常なターンオーバーを促すために、リンパマッサージを行って、肌の新陳代謝も促すようにする方法もお勧めです。

 

おすすめプチプラ美白*化粧品人気ランキング

 

*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ