美白*効果のある成分

ここでは紫外線対策用のコスメアイテムには欠かせない、美白*効果のある成分について順番にお話していきたいと思います。

 

 

ビタミン誘導体

まず最初はビタミン誘導体についてです。この成分は、化粧品に配合し、ビタミンCを誘導体にすることによって、安定化されたものです。体内での酵素反応によりビタミンCとなります。メラニンが生成されるプロセスの阻害・メラニン色素の還元作用等の働きがあり、美白*に優れた効果を発揮します。但し強い成分でもあって肌を乾燥させやすいので、乾燥肌の人は、保湿成分を豊富に含んだ美容液を選んだ方がいいでしょう。

 

ハイドロキノン

次はハイドロキノンについてです。この成分はチロシナーゼ活性化の阻害や、メラニン色素を薄くする漂白・還元の作用等があり、肌の漂白剤とも言われるほど美白*効果の高いものです。しかしやはり刺激が強く不安定な成分ですので、現在でも、低濃度にしたもののみが配合されています。

 

次に、もっと具体的にメラニンを作らせない成分についてお話していきたいと思います。

アルブチン

まず最初はアルブチンについてです。この成分はコケモモ・梨・ウワウルシ等の植物に含まれており、チロシナーゼに直接作用してメラニンの生成を抑制し、肌に吸収されることでハイドロキノンとなってメラニン色素を除去します。αタイプとβタイプとがあって、いずれもハイドロキノン誘導体なのですが、ハイドロキノン程の刺激の強さはなく、安定した成分と言えます。

 

エラグ酸

次はエラグ酸についてです。エルグ酸は主にベリー類等の植物に含まれる、天然フェノール系の抗酸化物質です。チロシナーゼの作用を抑え、美白*効果も高いだけでなくチロシナーゼの作用を抑え、美白*効果も高い成分です。やはりす劇が少ないため、サプリメント成分としても製品化されています。

 

ルシノール

次はルシノールについてです。ルシノールは化粧品メーカーのポーラが独自に開発した、医薬部外品の美白*成分です。構造自体はハイドロキノンに似ていますが、肌への浸透性と安定性の高い成分でもあります。

 

カモミラET

次はカモミラETについてです。こちらの成分は花王の独自開発による、カモミラからの抽出美白*成分です。メラニンサイトにシミ生成の指令を出す、情報伝達物質エンセドリンの働きの抑制と、メラノサイトの増殖や活性化等の働きがあります。次はトラネキサム酸についてです。この成分は、メラニン色素の生成と炎症の働きをします。美白*効果・肝班・肌荒れの改善効果等があります。

 

リノール酸

次はリノール酸についてです。この成分は、紅花油からの抽出成分としてお馴染みのものです。チロシナーゼの分解と、メラニン生成の抑制の働きをします。

 

コウジ酸

次はコウジ酸についてです。コウジ酸は味噌や醤油等のコウジ菌の由来成分です。やはりチロシナーゼの抑制と美白*効果とがあります。

 

プラセンタ

最後はプラセンタエキスです。プラセンタは、豚や馬等の動物の胎盤から抽出した成分です。チロシナーゼの抑制・新陳代謝・血行促進等の働きがあります。

 

*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ