美白*の基礎知識 美白*と日焼けの関係

美白*や美肌にとって最もダメージがあるのが紫外線を浴びることや日焼けによる影響です。一度浴びた紫外線はお肌に記憶されてしまいます。

 

紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類が含まれています。これらはそれぞれに肌を黒くし皮膚の老化を促進することや、肌の炎症、皮膚がんなどを招く働きなどもあります。そのためお肌の美容、健康の両方に悪影響があります。このUVが皮膚の奥深くまで届くと、真皮のメラノサイトを刺激してメラニン色素を生成します。これがシミの原因となります。それによってコラーゲンやエラスチンの働きを阻害しお肌のハリや弾力が損なわれます。

 

シミや日焼けをするのは、皮膚が紫外線を浴びると、皮膚内部のメラニン色素が増加して、その影響で色素が沈着するからです。そして一度日焼けをすると、肌の中で記憶され年をとってからシミがあらわれることもあります。若い頃に日焼け対策をしていなかったので、年をとってからシミが多いのはそのためです。ですから美白*にとって日焼けは、現在のお肌にとってはもちろん、年をとってからのお肌にとっても重要なことです。

 

美白*ケアにとって大切なのは、何よりも紫外線対策と言えますが、万が一日焼けしてしまった場合でも、後の美白*ケアも大切です。早めのケアがオススメです。まずは日焼け予防、そして日焼け後のケアの両方で美白*ケアを心がけましょう!

 

おすすめプチプラ美白*化粧品人気ランキング

 

*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ