冬の間の美白*ケア

冬の間の美白*ケアは、紫外線が少ないからと油断しがちです。

 

冬は日焼けの心配がそれほどなく、紫外線も少ないので美白*ケアはそれほど必要でないと思われている方も多いのではないでしょうか。実は、そうではありません。冬こそ美白*ケアにとって重要な時です。

 

その理由は、紫外線の少ない冬だからこそ、夏の間に浴びた紫外線でダメージが出やすくなります。そして空気が乾燥していることもあり肌トラブルが起こりやすい季節です。そんな冬だからこそ、集中的な美白*ケアや夏の浴びた紫外線のケアをして、夏のリカバリーと次の春になる前の準備が必要です。水分や栄養を蓄えて丈夫なお肌を作っておくことが大切です。

 

冬の美白*ケアの一つ目は紫外線対策です。冬の紫外線も意外と肌にダメージを与えています。いくら弱くても肌を保護していなければ、どんどん蓄積されてしまいます。夏と比べると紫外線の量は20%程度といわれていますが、油断せずに低めのSPFの日焼け止めなどで対策しましょう。

 

二つ目は、メラニンの抑制をすることです。夏に生成されたメラニンが肌に残っているとシミのできやすい肌になります。メラニンを排出するには、肌のターンオーバーが有効です。マッサージなども取り入れて、血行を良くすれば、新陳代謝があがりターンオーバーが促されます。するとメラニン色素が出来てしまっても老廃物として排出しやすくなります。

 

そして三つ目としては、やはり重要なのが乾燥対策です。冬の空気はとても乾燥しています。そして空調の効いた部屋ですごすことも多いので、さらに肌の水分が奪われやすい環境です。水分が不足した肌は、冬の弱い紫外線でもダメージを受けやすくなりシミができたり、乾燥によるシワも目立つ時期です。この時期だからこと、集中的な保湿が必要です。

 

冬にぴったりの保湿ケアとしては、日常生活のなかでできることがいくつかあります。

 

室内はなるべく湿度を保つようにしましょう。たとえば保湿器などを使ったり、濡れタオル干したり、コップにお湯を入れておくだけでもずいぶん違います。

 

二つ目は、お風呂やバスタイムを有効に活用しましょう。ぬるめのお風呂にゆっくりと入り、いつもより長めにバスタイムを過ごせば、お顔だけでなく全身の保湿効果があります。バスミルクなどもお勧めです。

 

三つ目は、洗顔と洗顔後のケアです。洗顔は熱湯や水ではなくぬるま湯で優しくマッサージしましょう。刺激の多いものや洗顔力の強い物は避けて、肌に優しい無添加のものや化粧落としはミルククレンジングなどもお勧めです。洗顔後のケアはなるべく時間を置かずに保湿しましょう。化粧水だけはなく、クリームなどで水分や栄養分が逃げないようにしっかりお肌をガードしましょう。

 

おすすめプチプラ美白*化粧品人気ランキング

 

*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ