シミができやすい肌

シミに悩まされている人は多いですが肌質や環境によって、ほとんどできない人とできやすい人とがいます。そこでここではシミができるできないが、どのようなことで決まるのかについて、お話していきたいと思います。

 

人間の肌質は白色から褐色まで大体6つの肌質に分けられるそうですが、日本人は主に3つのタイプに分けられていて、白色又は淡褐色の肌質の人はよりできやすいか、そうでもないかという違いはあるにしても、シミができる可能性があるそうです。

 

3つの肌質の特徴は、1つ目は肌質の特徴は赤くなっても色素沈着があまり残らない人、2つ目はある程度赤くなった上で色素沈着の残る人、3つ目はあまり赤くならずに色素沈着が強く残るというものです。

 

メラニンは太陽光線から皮ふを守るものですから、メラニンの数が多い色黒の人はシミができにくく、色白の人の方がシミができやすいということなのですが、色白の人は1つ目の特徴に該当し、色黒の人は3つ目の特徴に該当します。

 

また単褐色の肌質の人までは、太陽光線によって悪化する可能性のある肝班(かんぱん)ができる可能性もありますので、十分は注意が必要です。これは顔の中でも骨が突き出していて、直射日光の当たりやすい部位にできますので、外出の際には常に日焼け対策をしていくことが大切です。

 

その他経口避妊薬(ピル)が誘因になることもあります。またシミのできやすさは、紫外線ダメージによって傷ついたDNAの修復力の強さにも影響され、この力が強ければ強いだけ、DNAでできた傷が素早く正確に修復されますので、シミができにくいということも言えます。

 

肌質の色白や色黒は親から子に遺伝しやすいものですので、親がもし色白でシミのできやすい人ですと、自分もシミができやすいと考えて、早めに対策をとることが必要です。何もしないでいますと、シミが表れる年齢は早くなるとも言われていますので、まだ若いしシミの心配はないだろうと思っていても、ずっと美肌を維持したいのであれば、早めに紫外線対策と美白*ケアを徹底しなければなりません。

 

また色黒も人でも全くシミができないというわけではなく、肌の老化が遅いというだけのことですので、やはりUVケアを怠らないことが肝心です。色黒の人が完全に色白になることは不可能だそうですが、メラニンの生成を抑える対策をとっていれば、40代を過ぎても、シミやシワのないキレイな肌を維持することが出来ます。

 

シミができるできないに、基本的に男女差はないと言われています。しかし女性は生理前や妊娠中或いは産後のような、女性ホルモンのバランスが変化して不安定になるときに、メラニンが生成しやすかったり、毎日のようにメイク・洗顔・スキンケアをすることで、成分によっては肌に刺激と摩擦を与え、シミを悪化させやすいとも追われていますから、十分な注意が必要です。

 

おすすめプチプラ美白*化粧品人気ランキング

 

*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ